笠井闘志 個人ウェブサイト

ディストリビュションの移行にともない,GnuPGの暗号鍵が破損した可能性があります。バックアップからの復元をこころみますので,しばらくお待ちください。


HTTP(旧来の,暗号化なしの方式)によって接続されています。このウェブサイトは,非対応機器や通信環境などに配慮してHTTP接続も受け付けていますが,セキュリティおよびプライバシーの関係上,可能なかぎりHTTPSで接続ねがいます。


自由ソフトウェアについて

ソフトウェアの自由は,情報社会において人間の尊厳を維持するために欠かせない思想です。
自由なソフトウェアとは,おおまかにいえば,自由に実行し,改変および再配布することができるソフトウェアのことです。自由なOSを開発しているGNUプロジェクトは,自由ソフトウェアの理念についてウェブサイトで述べています。

自由ソフトウェアはオープンソースに似ていますが,オープンソースより尊厳と自由をおもんじます。自由ソフトウェアとオープンソースの違いについては,GNUプロジェクトのサイト上にある「なぜ、オープンソースは自由ソフトウェアの的を外すのか」をお読みください。

自由ソフトウェアの利用

私はこのウェブサイトを構築するにあたって,自由ソフトウェアを活用しています。たとえば,HTMLやPHPファイルはGNU Emacsを使って書いていますし,執筆・編集用のOSも,GNU/LinuxのディストリビューションであるtrisquelDebianを使っています。

自由ソフトウェアだけでも,ウェブサイトの運営や執筆活動が支障なくおこなえます。文書作成や表計算ソフトをひとまとめにしたLibreOffice,画像編集ソフトのGIMP,ベクター画像を作成・編集できるInkscape,RAW画像を現像するRawtherapee,会計処理ソフトのGnucashなど,魅力的な自由ソフトウェアがあふれていますので,自由ソフトウェアへの移行をぜひご検討ください。


免責事項

記事内容を実行し,またはまねた結果については,一切責任を負うことができません。このウェブサイトの記事は,時代または価値観によっては不穏当あるいは不快に感じられることがありますが,それらについても責任を負うことはできません。

政治的あるいは社会的な内容について──個人の意見を表明しているに過ぎず,特定の政治的立場を絶対視あるいは強制するものではありません。

技術的な内容について──執筆時点での個人的な調査にもとづきます。正確性を保証することはできません。

著作権情報

著作権者:笠井闘志

特記なきかぎり,この記事の利用を,クリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承 4.0 国際 ライセンスにもとづいて許諾する。